めたり家の大概◎はいつも4着!のブログ

不定期で備忘録的な競馬ブログ始めてみました。基本的に予想と回顧をしている時が一番楽しいです!予想はMの法則が好きなんで勉強中!なんでMラーっぽい様なそうでもない様な微妙な感じの緩いMラー予想と馬場読み血統なども中途半端に加味したいわゆるただの競馬好きのおっさんです笑。先ずは控除率ぶっこ抜かれた分を少しでも取り戻したいと日々奮闘中!めざせ回収率80%以上!『面白き事もなき世を面白く、すみなすものは心なりけり』

2018年ユニコーンS考察

今週はユニコーンSですね。前回同様M的な所は明後日の方へ放り投げといて取り敢えずJRA過去のデータからサラッと抽出してみましょい!

 

①過去10年の出走馬159頭中、前走の条件が“JRAの500万下”だった馬は計48頭いたものの、3着以内に入った馬は3頭だけだ。前走が1000万下から上のクラスのレースだった馬や、地方のダートグレード競走に出走していた馬が優勢だ。

+評価該当馬~イダペガサス、グリム、グレートタイム、コマビショウ、セイウンクールガイ、タイセイアベニール、ダンケシェーン、ハヤブサマカオー、バイラ、ハーベストムーン、リューノテソーロ、ルヴァンスレーヴ、ルッジェーロ

②前走の条件が“JRAの500万下”ではなかった馬について、そのレースでの着順別に成績を調べると、「4着以内」だった馬が3着内率49.0%と非常に優秀な成績を収めている。

+評価該当馬~イダペガサス、グリム、グレートタイム、コマビショウ、タイセイアベニール、ダンケシェーン、バイラ、ハーベストムーン、ルヴァンスレーヴ

※ルッジェーロは前走UAEダービーで8着、前々走はヒヤシンスSで3着でやや他馬よりは異端性もあり非該当馬とするのかどうか?

③前走の条件が“JRAの500万下”だった馬は全てそのレースで1着だったが、そのレースの2着馬とのタイム差が「0秒5以上」だった馬は3着内率30.0%となっている。臨戦過程を比較する際は、前走の条件や着順・着差を素直に評価したい。

+評価該当馬~プロスパラスデイズ(0.6秒)

④前走が“国内のレース”だった馬について、前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、「3番手以内」だった馬が3着内率32.1%と優秀な成績を収めている。脚質を比較する際は、まず前走で先行していた馬に注目すべきだろう。

+評価該当馬~ジャスパーウィン、トキノパイレーツ、ハヤブサマカオー、ハーベストムーン、ヒラボクラターシュ

④なお、前走がJRAのレース、かつ4コーナーの通過順が「4番手以下」、かつそのレースでの上がり3ハロンタイム(推定)順位が「2位以下」だった馬の優勝例はなく、3着内率も7.5%にとどまっている。前走の4コーナーの通過順が「4番手以下」だったうえ、“末脚”が目立っていなかった馬は、評価を下げた方がよさそうだ。

-評価該当馬~イダペガサス、エピックアン、グリム、コマビショウ、シヴァージ、ジャスパーウィン、セイウンクールガイ、ソウルセイバー、タイセイアベニール、ダンケシェーン、ホウショウナウ、ミックベンハー、ルヴァンスレーヴ

⑤過去10年の出走馬の通算出走回数別成績を調べると、「5~8戦」の馬が3着内率26.0%と比較的優秀な成績を収めている。一方、「4戦以下」の馬は3着内率16.0%、「9戦以上」の馬は3着内率5.3%と、やや苦戦している。ちなみに、2011年以降の過去7年に限ると、出走回数が「4戦以下」の馬は〔1・0・0・15〕(3着内率6.3%)、「5~8戦」の馬は〔6・7・7・50〕(3着内率28.6%)、「9戦以上」の馬は〔0・0・1・24〕(3着内率4.0%)と、3着内率の差がさらに開いている。出走馬のキャリアを比較する際は、「5~8戦」の馬を中心視したい。

+評価該当馬~イダペガサス、シヴァージ、ハヤブサマカオー、ヒラボクラターシュ、プロスパラスデイズ、ルヴァンスレーヴ

⑥創設以降全22回のユニコーンSの優勝馬は、いずれも前走が“国内のレース”、かつそのレースでの単勝人気が5番人気以内だった。前走の時点で低評価だった馬はこのレースでも評価を下げるべきだろう。

-評価該当馬~セイウンクールガイ、ソウルセイバー、タイセイアベニール、ダンケシェーン、トキノパイレーツ、バイラ、ベストマイウェイ、ホウショウナウ、リューノテソーロ

※ルッジェーロは前走海外だったが前々走のヒヤシンスSでは10番人気だった。

 

総合的に見ていい感じの+評価馬は、イダペガサス、グレートタイム、ハヤブサマカオー、バイラ、ハーベストムーン、ヒラボクラターシュ、プロスパラスデイズ。

そこそこ人気と穴っぽい所も抽出できた感じだけども、登録馬が27頭もいるのでどうなるのでしょうか…まぁそんなに荒れるイメージもないので5~10番人気以内で美味しそうな所を1頭狙っていきたいです!

 


最強競馬ブログランキングへ